お知らせ

近接クリティカル率の調整に関するお詫びと進捗

  • 日付:2018/08/22(水)
  • カテゴリ:重要
  • 閲覧数:7136

「ArcheAge」運営チームです。

7月18日(水)の「新世の鼓動」アップデートにおける、近接クリティカル率の調整に関しまして、
今後の対応をご案内しておりましたが、現在もお待たせしております事をお詫び申し上げます。
本件につきまして、現時点での進捗を下記にご案内させていただきます。

■関連記事
・公式サイトFAQ/近接クリティカル率の調整に関する今後の対応について

仕様変更詳細

実装予定日

2018年10月上旬~中旬(予定)
※詳しい日程につきましては改めてご案内いたします。

変更内容

【変更前】「近接クリティカル率」は「敏捷」に依存して上昇
  ↓
【変更後】「近接クリティカル率」は「」に依存して上昇

なお、当調整に伴う移行期間として、下記の対応を期間限定で行う予定です。

移行期間時に実施予定の対応

対応① 旧クレセントストーンの抽出

対象サーバー:Gene、Melisara、Inoch、Nui、Dahuta

期間中は、装備アイテムから旧クレセントストーンも抽出できるようになります。
※抽出は期間中のみ使用できる月夜石にて行えます。
※旧クレセントストーンは、2017年12月13日(水)アップデート以前に入手できたものを指します。
※新クレセントストーンについては、通常通り抽出可能です。
※月夜石は期間終了時に自動的に消滅いたします。

対応② 黒曜石装備の新2段階(旧5段階)、新3段階(旧6段階)の変換補償

対象サーバー:Gene、Melisara、Inoch、Nui、Dahuta

期間中のみ、対象の黒曜石装備を素材として、封印状態に移行、もしくは別派生に変換できる製作方法を追加します。

対応③ ムーンストーン、各種キューブ(研磨値)、イフニール装備のステータス変更に対する一部補償

対象サーバー:Gene、Melisara、Inoch、Nui、Dahuta

ムーンストーンと各種キューブ(研磨値)については、システム上、各装備からの抽出が行えない仕様により、
使用したアイテム性能に応じた素材の返却が不可能という結論に至りました。
それを踏まえて慎重に検討しました結果、一律「チケット制」にて、一部のムーンストーンや
各種キューブと交換できるよう準備を進めております。

対応④ 適性変更、スキルリセット、ユスティンの祝福保存活性の費用免除(移行期間中のみ)

対象サーバー:全サーバー

上記移行期間中の対応につきましては、詳細が決まり次第ご案内させていただきます。
また、移行期間につきましては、近接クリティカル率の仕様変更と同時に一定期間実施する形を予定しております。



お客様には長時間ご不便をお掛けすることとなり大変申し訳ございません。
上記対応につきましては、開発元と連携の上、鋭意開発中となります。

詳細は決定次第ご案内させていただきますので、今しばらくお待ちください。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


「ArcheAge」運営チーム